忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

内外


SEOには内部対策と外部対策があります。一般の人は、どのようにこの内部対策と外部対策どちらを重要だと思っていたり考えていたりするのでしょうか。今までの施策から、「外部対策」と答えるそうです。これは仕方のないことです。以前は内部対策なんて考えなくてよかったからです。コンテンツがいくらしょぼくても、外部対策だけでランキングを上げることができたからです。この施策を知っている人たち、味をしめた人たちは、今でも外部対策だけでランキングが上がると思っています。勘違いしています。今は内部対策、外部対策両方が必要なのです。以前のやり方、つまり、外部対策だけ強化しても、Googleのアルゴリズムにやられてしまいます。そしていずれランキングは下がっていきます。もしくは圏外にいってしまいます。外部対策だけでランキングが上がると思っている人からSEOの依頼が来たら、外部対策だけではどうにもランキングは上がらないので内部対策も必要な事伝えなくてはなりません。

エアコン(家電類)、ギター(楽器類)の出張買取サービスサイト、松山市
エアコン買取松山
ギター買取松山

内部SEO対策はURL,サイト,ドメインの3段階。難関キーワードはサイトやドメインの内部対策必要
URLの順位上がるかどうかは「内部対策の出来」で決まる。強い被リンクだけで安定1位は実現不可能
URLは車、コンテンツがエンジン,HTMLソースはターボ,被リンクが燃料
SEO集客の「好循環」を生み出す「コンテンツ・被リンク・バランス」
コンバージョン目的URLとSEO目的URLに分けて、サイト内のSEO目的URLに被リンク対策施す
SEO成功するキーワード割当方法2つ。ページに沿うキーワード割当てる。キーワードに沿うページ作る
「企業体力が有る」内に構造改革を進めるのが経営家。企業が健康体であって、初めて構造改革は成功する
テキストリンクを増やす
キーワードの割当て方。「1URL1キーワード,1URL1意味」以外の対策URLは順位下落の運命
SEOフィルター。被リンクに起因するフィルタリング、対策URLのコンテンツに起因のフィルタリング
被リンク対策の進め方。1位表示に向け被リンク「全体」を最適化。被リンク「部分」の最適化は捨てる
「被リンクは殆ど効かなくなった」は半分本当で半分嘘。SEO成功する情報強者と失敗する情報弱者違い
SEO用の衛星サイト(サテライトサイト)は継続更新不要。更新無しでも「1位表示させる力」失われず
「被リンク=負荷」。過剰に負荷かけるとURLは一時的に順位ダウン。負荷微調整なくしてURL育たず
PR